平成の新撰組はやはり隠していた          

目的のためには手段を選ばない斬り捨て御免の現代の新選組検察審査会はやはり自己の主張することに都合のいいデッチあげだけを採用し、そのくせ不都合な真実はすべて闇に葬って隠していた可能性が昂ってきた。だいたいこんなわけのわからない素性も知れぬ不逞の輩の全面的に加担するおしらすがいかにお上の意向であろうと筋の通らぬ片手落ちの裁きである事がますます浮き彫りになってきたといえよう。だいたいがまずは最初に結論ありきの世論誘導であるこのてのデッチあげは世論誘導した事がばれそうになると某NHKの公的報道を介する大本営発表をもって事実を糊塗し、隠蔽後歪曲して裁判を有利に終息する方策をはかるしめにはいったことになるのだろう。事実その後に入ってきた別の情報によるとゼネコンからOの資金管理団体に入った裏金はいっさいなくて、そればかりかO以外の政治家に入ったものが多数発覚しているというのだから何をかいわんやである。それではこの事実を隠していた検察という組織はそれを知った時にどうしなければならなかったのかは自明の理であろう。かりに立件できたとしても超微罪の期ズレのみに終わる可能性の高いOを追いかけ回すのでなく 大金を懐にした事が明白になっている他の政治家を即刻捜査すべきなのだが今だに着手すらしてないのである。
ナンデ、それはこの件でそうでなくても血税を無駄遣いしているのにさらに大金を投じてリスクをとって捜査をはじめる士気も大義に対する使命感もすでに持ち合わせていないからといえよう。