K内閣の迷走ぶりはここに極まれりといった感があるがそれでもいまだ退陣のたの字も出て来そうに無い。だいたいこれまで実現出来もしない事をほとんどレトリックとして並べてきたばかりにココ一番と思って政策を打ち出しても党内で摺りあわせをしないで打ち出すものだからこれが正論であったとしても思い付きであるばかりか経産大臣の政策と相容れずさらにタイミングを考えないので閣内不一致のそしりを免れない。要するにオオカミ少年なのである。

K内閣