牛丼の吉野家が400円台の牛丼を280円にするという。

........って、いってもすでに牛丼の相場は競合他社  はすでに280円になっており、言ってみれば吉野家だけが高値販売をしてたんでじつを言うと私もいつまで続くかな、っておもって他社並に下がるまで利用をひかえていたくちである(せこいようだけど)。吉野家は牛丼の質を下げないために安売り競争には加わらないと宣言して250円販売のセール後、価格を元に戻して販売していたが、それを撤回したのはやはり、宣言したことが間違いでなければその時点でわたしをふくめて一度安い牛丼の味をしめた客の大半はおそらく吉野家には戻ってこなかった........と、そう言うことであろう。そこで他社並に280円に戻せばいったん離れたお客を取り戻せるだろう.....と、そう踏んでの決断だと思われるがそんなに甘いものなのか...?.確かに同じ値段なら吉野家の方がうまいのは事実であるが、しかし、ことは安さと味だけの問題だろうかもう一段深いところで考えてみるとコンビニのように安さはそれほどでなくても利便性、多様性で選ばれる場合だってあるし.何よりも近所になければいかねぇだろうしな。いろんな要素の上にさらに他と同じか安いことが要求されていると言うことだ。はたして逃げた顧客の奪還なるか?牛丼バトルはつづく.....。