読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2000年01月01日


2000年01月01日 05時14分37秒

2000年1月1日   今日、無事にというのか何と言うのか とりあえず新年を迎えたようですね。 結局何もたいした事は起こらなかったようです ま、予測されたことではありますが、昨年はいろんな事が有りすぎましたね、 ノストラダムスは思いっきりハズしちゃいましたけどね、今年はさて、どんな年になるのやら どんどんいい方向に行くと、この何年間か期待のしっぱなしで  もうくたびれちゃいましたねえ ま、ぼちぼちいきましょうか これが僕のマシンVAIOです。

デジカメのチッチャイのが1ついるかなあと思ってます NECの古いマシンは最近はもうほとんど使っていません 今年はちょっとプリンターが間に合いませんでしたのでWEB上で失礼します。ではでは

2000-02-01

らしば探偵局
2000-03-01
RICKSTATION ヨーロッパ紀行
2000-04-00

2000-05-01

ラルフステーションの記憶

2000-06-01

そういうわけで.....。(新チャットルームへ)

えーと、チャットルームの設置が完了しました。
ここから入れます。

トップページの[ジョーカークラブ」のバナーを
クリックしても入れるようになってますけど。
一応、11/2の夜11時からチャットを開催しますが、
来るかなー、誰か。
ちなみに30分程度の予定ですので、
お忙しい方も気軽にどうぞ。

橘 薫著「橘 薫の華麗なる日々」より
写真提供 しげっち(千葉繁) 「I LOVE IWANUMA」
http://chat1.net4u.jp/chat/mkframe.cgi?z=ry0720

2000-07-00

2000/08-00

2000-09-00

2000-10-00
はてなDiary

2000-11-00

ラルフステーションの記憶

2000-11-30
加藤の乱
編集
NHKのキャスターがこのたびの加藤政変について忠臣蔵になぞらえて、「本家では吉良の首を取ったがこのたびのは討ち入りに行く前にやーめただからだめだ」とコメントしていたが、これはおかしい、解釈が違うだろが、せっかく忠臣蔵になぞらえたのなら今度の政変は吉良の首を取る大団円ではなく、まだ前段の浅野匠守の刃傷松の廊下の局面と見るべきだろう。現代はバーチャルと現実との混稀社会であるから切腹はない、浅野匠守と大石内蔵助が同一人物であっても何ら不都合ではない、決着はまだまだついていない、この解釈一つとってみてもいみじくもNHKがいかに体制よりの御用メディアであるかが伺えておもしろい、NHKにかぎらず日本のメディアの論調は総じてこのたびの造反劇で主流派の厳しい締め付けにより切り崩されて頓挫、加藤総裁の目はもうない、といった画一的な視点が多いがニューズウイークの記事は必死になって既得権益を守ろうとしている現執行部とそれに異議を唱える若手勢力の台頭といったふうに対立軸をはっきりさせて論じているのが興味深い。

2000-12-00

2001-01-01

[web : ウェブ ]
編集

2001-01-30

雪、雪、雪、(広島/アストラムライン西原駅

2001-01-31

今日から絵日記つけるはめになりました。いつまで続くことやら

2001-02-16

寒い~~

今日も、寒いっすねぇ、氷点下3度そこらへんにある冷蔵庫の冷凍庫の中と同じかな?ところで森総理、おそまつですねぇゴルフ会員権の一件たたけばほこりが出るってのぁまさにこのことですなぁ。

2001-03-03

内閣不信任案

予算案が衆院で可決された。野党は
直後の内閣不信任案提出を見送った。週あけの月曜日に
提出されるそうであるが、株価はドンドン下げている。バブル崩壊後の最安値を更新したという......。
今回もまた、あっさり否決されて幕なのか?一波乱あるのか?行方は・・・

2001-03-21

安芸灘地震

今日は、安芸灘を震源にすっごい地震がありました。震源は海の中なので呉市では震度6-、広島市の街中ではちょっと落ちて震度5-、死者2名、負傷者154名にのぼったそうだ、私は廃棄処分の電気製品を捨てようとセンターの廃棄物処理場に行っていたときでいきなりうずたかく積み上げられたごみとミキサー車の間でグラグラッときた。一瞬何が起こったのかわからなかった。ひさしの部分にたまった雨水がダーーっと降ってきて車が泥だらけになった。あとでセンターのラックの中のテレビだとかエアコンが落下してテレビはこなごなエアコンは自重でグチャグチャになっていて大変だった。家のパソコンのディスプレーがひっくり返ってノートパソコンがつぶれてないかとうちに帰るまで心配だったがディスプレーが2、3センチ移動しただけで何事も無くてやれやれとひと安心したところです。

2001-04-01

広島の都心紙屋町に「シャレオ」という地下街がオープンした。中四国最大の地下街だそうだが、そういえばこれまで広島には地下街が一つも無かったのである。政令指定都市でなかったのは広島くらいのものだろうが、その理由はといえば水都といわれる広島は太田川の流域のデルタ地帯の砂州の上に発展した都市で橋の数の多さでもわかるように何本もの川が街を寸断するように流れている。当然地盤は軟弱である、これが大きなネックとなっていたといわれる。だからこそ高度な技を駆使できる現在まで実現しなかったとも言える。(そのために地下鉄も作られていない。)紙屋町交差点を中心に東西南北に地下の連絡道をかねていてしかも南北にアストラムラインの地下駅やクレオとも連絡している。東西には八丁堀界隈から原爆ドーム平和公園方面にも連絡する巨大な地下街が完成した。驚いたのはいつもなにげに歩いていた県庁側の上がり口近辺で工事中に発掘された広島城の石垣を応用した巨大なモニュメントだ。「こんなものが今まで足の下に埋まっていたのか........?。」

2001-04-11

新内閣誕生

小泉内閣が誕生した。たしかに久米 宏の言うようにやっと 国民の感覚からするとホント こんなに長いことかかってやっとこれくらい先に進んだのかといった感さえあるのに
江藤派のコメントなんか聞いてるとそのわずかの進みぐあいさえきにいらないと言っているように聞こえてしようがない。全くこれが永田町の壁というものなのかと思えてしまうこんな時に水を向けてもこんな無味乾燥な発言しか返ってこない派閥の長ってのは一体なんなのだろうて考えさせられてしまった………。小泉新総理は首相公選制をとなえているがたしかにこういった輩をぎゃふんといわせるには首相公選制に踏み切る外ないと思う、しかし清新な総理大臣と内閣が誕生するとてきめんにおかしな発言をするやつがまるでリトマス試験紙のように炙り出されてくる。森内閣では望むべくもなかったことだ。いい、いい、実にいい傾向だ この調子でやってくれ………。

2001-04-28

きょうは何も書くことがない、とりあえず
トップのボタンテーブルを新しくしたので
心気一転、いろいろチャレンジします。

2001-05-02

マンガが売れなくなっているという。あたりまえだ、カネを払ってまで読みたいマンガは今は市場にない。読みたくもないマンガにビニールをかけてさらに読めなくしてるんだから最悪だ、今やマンガはビニ本以下の存在だ ビニ本はビニールを破って見たい内容が中にあるからビニ本だ。手塚治虫が去ってからこの国のマンガは衰退の一途をたどっている。いやもともと手塚治虫のいなかったアメリカやイギリスやフランスなどと同じ普通の国になったのかもしれない。アニメのメトロポリスはいい...今度こそディズニーでなくジブリでもない、アトム以前の手塚治虫の世界デビューを果たしてくれそうだ。

2001-05-11

はじめて日記をiモ—ドで書き込んでいるんだけどやっば、入力に手間取るし実用的でないきがしますネェたぶんこの次からはまたパソコンでかくと思います

2001-05-28

小泉さんというのは、
なんともカッコイイ総理大臣が
誕生したものですねぇ。 
 ま、前任者が前任者ですから......。 
橋龍もそれなりにカッコイイ
時もあったんですが今回は野坂某という背後霊が致命的だったようで(笑)
まぁ、まともな人が現れれば評価が上がるのは
当然なのですが、自民党のダメなところはこういう物事をはっきり言う人が出るとよってたかって潰そうとする、そのために毎年総理大臣を取り替えるという愚を冒して世界の物笑いのタネとなってしまった。現に小泉さんもそのために二度まで挑戦したにもかかわらず、落選している。しかし、永かったけど中曽根以来絶えて久しい....まともな総理大臣があらわれてよかった、よかった、ともかく国民の総意は「もう総理大臣なんか誰にやらせても同じだわれわれの既得権益はわれわれが守る」となどと。陰の妖怪どもによる 院政などは もう、まっぴらだ。 ということだろう

2001-05-30

ウルトラC...古い(苦)

昨日はおもわず小泉総理とその政権誕生をを大絶賛してしまったが、前の政権があまりにも展望がなかった反動で残念ながらことはそれほど単純に喜べる状況にない確かに、庶民感覚に近いマインドを持った小泉総理は公約どおり改革断行を推進してくれそうですが政権与党が党を挙げてそれを支持しているわけではないのである。痛みを伴う改革というのは国民がそれを容認しても官僚とか族議員という存在は全力をあげてもそれを回避しようとするだろう、しょせん自民党政権なのだ、自民党政権が党...をひいては日本を改革するというのはまことにご立派な心がけではあるのですが 言い換えればガンに冒された医者が自らの体を執刀しようというのと同じほど困難なことなのです。とはいえ小泉内閣が誕生したことで各界にいろんな動きが出てきており、とんでもないウルトラCも起こらないとはいい切れない状況が出てきた当面はこれに期待するしかない。

2001-06-18

ドリンク

また、暑い 暑い夏がやってきました。
そして………。暑くなると人間、
どうしても水分補給のためにドリンク類を大量に消費することになります、今も 私の仕事机の前にも コカコーラ・ライト が一本あるが、さらに夜になると決まってビールを一本と………これまた炭酸飲料、やがては尿や汗となって体外に排泄されることになる水の素をせっせと摂取することとあいなるのでありますがそれもどうしてものど越しが ジュワーーッ と来る炭酸の感触はたまらないものがあります。この炭酸なるものも酸素が出てあわ立つのでしょうから必ずしも体にいいものではないのでしょうが(その証拠に微炭酸飲料なるものもある)今や夏にはかかせない風物詩なのであります。 

2001-06-23

滋養カップ

カップ麺ってのは日本の発明です。すばらしい発明だと思います。でも私はもう一歩進めてこの中に栄養ドリンクに含まれている成分とかカロリーメイトなどの成分を合体させた名づけて滋養カップ、売れると思うけどなぁ

2001-06-25

珍豚香(ちん・とん・しゃん、近所のラーメン屋さん)

おがわ(ラーメンライスのおいしい食堂)
私が、日常よく利用している近所のお食事どころです。わりとラーメン屋さんが多く集中していてラーメンのおいしい店がたくさんあります。ラーメン好きの私には嬉しいことです。外に価格競争の熾烈な牛丼やさんも吉○屋とす×屋と二つあり、こちらもよく利用してます。

2001-07-01

新・宰相考
 
 考えてみるとロンゲの総理大臣ってのも非凡だなぁ。
訪米中の小泉総理がキャンプ・デービットでブッシュ大統領と一緒に
映って手を振っているニュース映像を見ていてアレッと思った。
この人はいつの間にかこれまで誰も実現しなかった 
ロンゲの総理大臣をやすやすと(いや、ちゃっかりととでもいうべきか)実現して
周りのみんなにしっかりと認めさせているではないか。 
(引退して長髪にした人はいるが在任中にロンゲで通した総理大臣はない。)
もっともこれは他の事項と違って公約して実現するようなものでもないし
人によってはしたくても(後退現象が激しく)実現できない場合もある。
菅さんの言うように確かにハンセン氏病の一件以外、成果らしい成果も
まだないのも事実であるが、多趣味の人であるとか
一徹で頑固な性格であるとか庶民的であるとかいうのと同じように
 ちゃっかりとしているというのも魅力の一つで
これも国民の受け止めている信頼関係の一つのような気がする

2001-07-06

牛丼の吉野家が400円台の牛丼を280円にするという。

………って、いってもすでに牛丼の相場は競合他社  はすでに280円になっており、言ってみれば吉野家だけが高値販売をしてたんでじつを言うと私もいつまで続くかな、っておもって他社並に下がるまで利用をひかえていたくちである(せこいようだけど)。吉野家は牛丼の質を下げないために安売り競争には加わらないと宣言して250円販売のセール後、価格を元に戻して販売していたが、それを撤回したのはやはり、宣言したことが間違いでなければその時点でわたしをふくめて一度安い牛丼の味をしめた客の大半はおそらく吉野家には戻ってこなかった………と、そう言うことであろう。そこで他社並に280円に戻せばいったん離れたお客を取り戻せるだろう………と、そう踏んでの決断だと思われるがそんなに甘いものなのか………?.確かに同じ値段なら吉野家の方がうまいのは事実であるが、しかし、ことは安さと味だけの問題だろうかもう一段深いところで考えてみるとコンビニのように安さはそれほどでなくても利便性、多様性で選ばれる場合だってあるし.何よりも近所になければいかねぇだろうしな。いろんな要素の上にさらに他と同じか安いことが要求されていると言うことだ。はたして逃げた顧客の奪還なるか?牛丼バトルはつづく………。

2001-07-12

プロバガン

ニューズウイークが「日本は自分の国を被害者とする傾向が強い」と言った記事を掲載している。しかしそれはいってみればどこの国にでもあるプロバガンダのことをいっているのであり、とりわけアメリカのように日本人が平和追求の目的で原爆の惨禍を上げればすぐパールハーバーだと「規模」や、「軍事施設攻撃と都市の無差別攻撃の違い」などのおよそくらべものにならない、次元の違うものをたてにとって論陣を張ってくる、誇張した議論のための議論をふっかけてくる、アメリカのほうにこそ大いにある感情論と大差がないのではないか。アメリカは軍事力で(ベトナムをのぞいて)世界で敗北を喫したことがないから被害者意識を表に出す必要がないだけのことで同様の感情はむしろ日本人よりも強い国民性だと思う。だから社会の公器ともいえる、世界における影響力の強い報道機関であるニューズウイークでさえもがこのような偏向した記事を軽率にに発信してしまうのであろう。しかしこの発言は不正確でも偏向していてもいったん世界に向けて発信されてしまえば。中国や南北朝鮮のように国民に正しい情報公開がなされていない国の国民の志向に大きな影響力をもつといったことを計算にいれて発信されているふしのある確信犯であることは間違いないし。むしろこっちのほうがプロバガンダの最たるものだと思うのだが。 

2001-07-31

投票

選挙行ってきました、近くの小学校で投票してきました。
私が行ったのは夕方だったのですがわりと閑散としてました、今回はもっと関心高いかなと思ってたので、ちょっと拍子抜けしましたですね全国的にも投票率は低いみたいですね。自民は小泉人気もあって早々と過半数とってます広島では人気キャスターから転進の柏村武昭が予想通り圧勝していますがね。二番ての溝手さんもすでに当確出てます比例区は私は民主党から出ているツルネン・マルティなんて方を入れましたけどこれも知名度ですかね、大橋巨泉も升添さんも早々と当確でてるみたいですしまぁその意味では今んとこ予想通りの展開ですね。大仁田あたりも出てるしまぁ認知度の高いタレント候補は強いですね、べつにいんじゃないですか畑恵みたいに逆風が吹いてるのもありますけど(笑)。まどぉでもいいけどついこの前まで自民は惨敗だろうとみんな思ってたのにね。それでもいれるんだよねみんな、大勝するほど.......(笑)親バカちゃんりんじゃなく国民バカですねこうなると(笑)......。
2001-08-01

吉野家は牛丼戦争にかったのか?  

2001-08-06

8月6日は原爆記念日である。記念式典の小泉首相のスピーチは棒読み口調であった、ちょっと失望した。戦争を知らない世代が増え原爆の悲惨な記憶も年とともに風化しているという若い世代が悩みながら撮り終えた映像表現をテレビでやっていた。わかものたちの頭上に突然降り注ぐ黒い雨、(実は墨汁を降らせたのだが)そのシチュエーション自体はなかなかに的を得ているように感じたのだが.....加藤登紀子が言っているように、傘が出て来たところから表現の無理を感じた。どういったらいいのか、実態を知ってるものが誰もいない(描くものも見るものもディテールを知らないのに)史実を正確に検証することなく粗製濫造された時代劇を見るような。たとえば髷(マゲ)一つとっても史実は十人十色、千差万別であろうと思われるのに映画やテレビで出てくるマゲはみんなおんなじ形、生活感もなくみんないつも散髪したて....みたいな、きれいな服を着ているものもいればボロをまとっているものもいるはずなのにみんなマッサラサラみたいな、それを精緻に検証する視点さえもが失われているようなあるいは逆にその...近視眼的に検証された断片的なディテールにばかりとらわれて、作られたリアリティーのみめだって本当の所はどうだったのかが一向に浮かび上がってこないドラマを見ているようなもどかしさ。加藤登紀子が言っているように知らないことは描けないのは当然だが体の中に眠っている親から子に受け継がれているDNAを呼び覚ませばそれは表現として可能なことなのかもしれない

2001-08-15

帰省

やれやれ、やっと帰省先から高速ぶっ飛ばして帰ってきました。
って言ってもおとといの昼から行って今朝方早くにはもう帰ってきたわけですが新幹線に比べて運転するだけ疲れるには疲れるんですがいつ出発していつ着いてもいいって気楽さでいっつもクルマで帰ってます。新幹線だと夜遅くにつくと広島駅から家までの電車がない、アストラムラインは12時まであってもその間が終電が早いんで、結局タクシー使うようになって不便だその点クルマだと家までノンストップですから。(あたりまえだ)高速降りたらすぐ家の前ですし、前は電車使って帰ってたこともあったんですがねぇ。本や雑誌を読んだりビールを飲んだりちょっと旅気分できるし、それはそれでいいんですけどね...。(荷物が多くてげんなりすることもあります。)行き帰りとも帰省ラッシュはさけて帰りますんでその点は楽です。しかし日本人てなんでみんなこうもおんなじ行動をとりたがるんでしょうねぇまるでレミングの群れのように、みんなで仲良く滅亡していくのもみんないっしょなのかな?
1:44 01/08/15
2001-08-26

可部街道を行く

古い宿馬町の街並みが続く可部街道

2001-09-11

う~~む、あの世界貿易センタービルが跡形も無く倒壊してしまった。


2001-10-12

米大統領選の謎

大統領選でフロリダの票をもしもあの時数えなおしていたら、勝利はゴア氏が握っていた可能性が高いというが・・・・・・・。  どうもあの選挙はうさんくさい、今思い起こしてみても
どう考えても裁判所が票の数えなおしを認めなかった時点でおかしな事である。どこかで民主党のゴアを勝たせてはならない・・・・との大号令が発せられたに違いないのだが・・・

2001-10-31

時間稼ぎ

F氏:どさくさみたいに電機大手各社が大リストラをやるそうです。
元々採用が無茶苦茶で、先をまったく考えていなかった?
失業率はますます悪くなりそうです。
人ごとではないですね


E氏:便乗リストラを企業がやるのはこれまでの経緯からして
常識です。自民党に政権を渡すという事はすなはち
弱者切捨てを容認するという事ですから。
もっといえば、大企業優先の
時間稼ぎ政治(陰で私服を肥やすものが隠しおおせる
時間)小泉がなろうが誰がなろうが自民である以上単独では
これは変えられない、当然予測された事です。
それをすこしでも回避するチャンスは少なくとも二度あった
しかも最初の時はまだ中高年の(団塊の世代の)
リストラさえも回避できる重要なターニングポイントでもあった。
(個人的に私はひたすら歯が痛かった記憶がある………、
そのあと、歯はあっさりと抜け落ちたが………。)
これは米国や世界でも期待する向きもあったのだが
日本国民はことごとくあっさりと棒にふった。

今の局面を招いたのは200%(自民党)政治の責任です。
(私もそのときは危惧して小さな反対票を投じたくちだが)
このときは非常に無力感を感じた記憶がある………
それをいまさらガタガタいっても甘いといわざるを得ない………
失業率5%をいわれて久しいが(今は6%になったんですか?)
それでも5%の最初のころよりは若年層の数は確実に減ってるし
同じ水準を保っていても受け入れ側のキャパシティー自体は
増えてなきゃなんないはずなんだけど………。
小泉は大戦後の保守大合同のような潮流が
巻き起こるのを期待してるのでしょうが………
このまま何も起こらなければ日本は死にます。………
個人の死はイコール日本の死だといえるでしょう………。

2001-11-03

突然のルール変更って
編集

突然のルール変更って何………
社会の様相がこんだけ大きく変わってるのにこれまでなんだかだいちゃもんつけて
変更しないで放置しておいたほうがよっぽどおかしいんで、これって
ひょっとして改革に必要ないろいろな変更の結果庶民が困るような変更はなんぼでもOK
自分たちの困るような変更はダメってこと………?
ゼンゼン納得いきませんね抵抗勢力………。
突然って大体何年不況なんだ?この国は
大体この不況の原因は誰が作ったの
大多数の庶民は自分に関係ないところから痛みが来ても黙って
痛みに耐えてるってのに
張本人の金融機関と政治家結託して異議を唱えるなんて間違ってますよ。

2001-11-09

朝ナマで………

「朝ナマ」で出場者の一人が北朝鮮問題の論戦の中で「骨を斬らせて肉を断つ戦法に出た」といってたのだが………。それを言うなら「肉を斬らせて骨を断つ」だろう………。
    
2001-12-16

原爆を落とした男

原爆を落とした男とぃう番組を見た。エノラ・ゲイという名の爆撃機(B29)を駆ってその男はやって来た。エノラ・ゲイというのは自分の母親の名前だそうで役下後搭乗機が有名になると思って自分でつけたのだという彼は多くの人の命を救うために原爆を落としたのだと言う。広島の被爆者からすると全く逆の論理なのである。おそらく彼は自分の手で役下された原爆によって多くの人命が奪われたことを死ぬまで認めないのであろう。逆に多くの人命を救ったのだと雄弁に語っているのだ。ならば語りながら流した涙は何の涙なのだろうか。いかなる理屈を並べ立てたところで戦闘員非戦闘員の区別もつかない状態での原爆役下は無差別大量殺戮であり国際法上の観点からも許されるものではないからだ。この重ぃ事実に背を向けて戦勝国が敗戦国を裁くという。ニ重のあやまちを犯しながら世紀の犯罪に永遠の封印をしてしまったアメリカの強い意志を背後に感じるドキュメントだった。

2002-01-23

○○の坂田

どうやらお笑いの坂田はアホではないが永田町の坂田は本当のアホだったようだ。
アフガニスタン復興会議でのNGO出席拒否問題のことである。
日本の政治家のレベルの低さを如実に物語った事例である。
当の本人は介入したわけではない出席拒否は外務省が勝手に決めたことだ
などと言い逃れをのたまわっているいるらしいが。そういう狭い了見を
押し付けること自体がすでに介入だとは毛ほども気づいていないようなのである。
自分の目指すものに意義を唱えるものは盲目的にただひたすらに排除する旧来型の
政治家である。まったく政治家というものが誰のために働くのかを見誤っているとしか思えない。日本の政治がこんな痴的な政治家によって担われていることには恥ずかしい限りだ
大体こんなわけのわからない政治家を日本が沈没するかもしれないこの大事な政局の今
一体全体誰がどういう理由で何度も当選させるのか、選挙区の人間の顔が見てみたいものだ
2002-02-12
鈴木宗男証人喚問

鈴木宗男の証人喚問が行われていろいろな問題が発覚している、予想されたとおりいたるところに問題は散在するが中でもやはり一番大きな問題はいみじくも田中真紀子元外相が言及したように政治改革なくして構造改革なしというのがまさに真理であったことが広く認識されたということであろう。これで彼女が無能だとか外相の資質を問う一部の意見があたかも世論を形成しているかのように装う発言が急激に台頭してきた背景であると明らかになった。つまり、彼女は自民党の旧体質の逆鱗に触れた(最も痛い泣き所を突かれた)のである。それは同時に小泉内閣の泣き所でもあったということである。それを隠しおおすためにも当局が取った措置は小泉内閣を通じてその患部をまるごと切除してしまおうという荒療治となったことはもう疑う余地のないところだろう。つまり、三方一両損という理屈もへったくれもない理由をつけての真紀子更迭、鈴木宗男、野上次官の退場示唆の真因であったことの意味がようやくそのベールを脱ごうとしている。自民党が(国民に)隠そうとしたこと
それは北方領土はもうすでに返還されないという認識、もしされたとしてもそれは金を払って領土を買うようなものでそれがロシア側の譲れない条件である以上、この問題は事実上すでに破綻しているということが国民のあずかり知らないところで公然の事実となっているということである。これが外務省問題の一連の疑惑解明の途上で最悪のタイミングで明らかになれば小泉内閣自民党も一挙に国民の信を失うと見たとしても無理からぬことである。まさにこの一点を隠しおおせるための真紀子更迭であったと見るべきであろう。真紀子更迭の支持率低下とこの事実発覚による支持率低下の衝撃とどっちが大きいかといえばいうまでもないことでこれを天秤にかけたのである。

2002-03-12

あいまいな日本語

どうも日本語というのはあいまいな言葉がおおくて困る。特に芸術分野では幅広く解釈できる言葉の多い日本語は重宝でもあるのだが………。専門用語(特に政治・経済の)………にこういう言葉が多いのはどうもいただけない。例えば「見直し」とか「見守る」とかいうあいまいな言葉である、「見直す」とは見て直すだけなのだろうか?と「見守る」とは単に「なりゆき任せ」なのかと思わず勘ぐってしまう。「改革」の上にさらに「断行」をつけている今の小泉内閣のスローガンとはどうも相容れない言葉のような気がするのは単に私の気のせいだろうか?「見守る」と言う言葉は誰の目にもなすすべもなく見守るだけというふうにも取れる・・・。改革を試みて幾度も見直した結果、重要な施策の当初の骨格がほとんど骨抜きにされ、先送りされ、結果が芳しくなくて状況を見守っているうちにどんどん事態が悪化し、手詰まりになった結果、現在に至っているのが現在の日本の現状ではないのか………?。

2002-04-12

天皇陛下的総理大臣

小泉総理大臣は、大統領的総理大臣っていうよりむしろ天皇陛下的総理大臣とでもいうような存在になってしまったようだ。これではもう自民の抵抗勢力の言いなりになりながら形の上だけの改革を推進するだけで、とても国民の味方だとはいえなくなった。もう痛みに耐えかねた国民がムシロ旗をおったてていつ一揆を起こしてもおかしくないって局面になったということだろう。やはり自公保という野合政権の行きつくところは見えたってことかな?それとも何かとっておきの秘策でもあるというのかな?。

2002-05-10

雨、雨、雨、

2002-06-12

無気力

1年前のあの熱気はどこに行ってしまったのか支持率80パーセントを超えた総理もすっかり元気を失っているこの国の不幸は国民がすべからく貝になってしまったことであろう。外でいくら大動乱の嵐が吹き荒れていようと。甲い殻の中に閉じこもっていればいかに世界から取り残されても、とりあえず過去の資産を取り崩すまでのひと時の安寧が得られる。自国の大使館内で生死をかけた亡命劇が演じられようと領海内を不審船が跋扈しようと国債の評価がいかに引き下げられようと国の評価が格下げされようとあいも変わらず国会では足の引っ張り合いのドタバタ劇が演じられている世界にもまれなおめでたい国に成り下がっているのである。これも発端はすべてアメリカに得意のはずの情報技術のおいしいところを独占され主導権を奪われいまや後進国のはずの韓国にさえ先を越されているのに国民の大多数はいまだにガッツ石松状態なのである

2002-07-02

最下位決定戦

ブータンモントセラトのサッカー最下位決定戦っていったいなんなんだ~?
試合に勝って最下位に決定したブータンに敗れたんだからこっちのほうが
事実上の最下位だろうが………(笑)

2002-07-20

雨・・・・

2002-09-01

アルカイックスマイル

アルカイックスマイル(故轍の笑い) 猫のことではない、大仏やその他の仏像に一般的に用いられている表情だそうだ。何故採用されているのかは不明だがおそらく、西洋彫刻からの影響だろう。わたしはこういう表情は無意識によく描いているが仏像に使われているくらいだから慈悲の心とかいったものを表しているのだろう。

2002-10-19

拉致被害者

北○鮮に拉致されていた5人の人たちが20数年ぶりに帰国した。やはりあちらの国では自国民外国人を問わずそこで暮らしている人々に何も事実を告げていなかったことが帰国してからの彼らの言動の変化から読み取れる。
まさに日本で言えば江戸時代が民主化されないでそのまま近代化したような国に彼らは拉致されて将軍さまと共に暮らしていたのだ それを思うと日本の敗戦に伴う民主化という悲劇とその後の成熟の歴史の重みを感じるつまり北朝鮮という国の悲劇はかの国にはそのようなことは一度も起こらず将軍様が統治する軍事国家のまま成長してしまったということに大きな誤算があったというべきかもしれない。
これで彼らの当初の表情のなぞはこれでやっと理解できたような気がする。つまり、沈み行く船の乗員がその船がいかにボロ舟であったとしてもその船がすくわれることが自分たちも救われる道だと考えることに何の不思議があるだろうかの国に拉致されての二十数年間はそう言う感情を醸成するのに十分な時間であったと言うわけだろうか・・・・・。 

2002-11-19

まるで冷蔵庫の中...

 今年はどうも秋をすっとばかしていきなり真冬になっちゃったようで。夏が暑かっただけにこの寒さは「いったいなんなんじゃ~~」とぼやくことしきり・・・・の毎日ですが。どうもニュースなど聴いていると どうやらまだまだ寒くなるようで

2002-12-31
最後の日

 とうとう2002年も最後の1日になってしまった。いつものことながらいろいろしないといけないと思いながらテレビで映画をどんどんやりだすとつい次から次へと観てしまい結局何にも手につかないで正月になってしまう、夕べは「新ドラゴン怒りの鉄拳」というのをやっていたのでつい最後まで観てしまった。ブルースリーの「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編っぽく作っているがまったくの別物のB級映画だ。リーと共演したノラミャオを引っ張ってきたり整形前の桑田圭祐をふんずけたみたいな顔のジャッキ-チェンを起用したりで涙ぐましい努力が楽しめる大愚作ではある、しかし思えばあのブルースリーの出演作だって演出に限って言えばハリウッドの資本が入る以前の「大山大兄」(邦題ドラゴン危機一髪)や「精武門」(怒りの鉄拳)「猛龍過江」(ドラゴンへの道)あたりまではこれと大差ない演出だったのかもしれない・・・。それを稀代の天才スター ブルース・リーの類まれなる才能が作品をB級から超怒級絢爛豪華に魅せていたのかも知れないなぁなどとも思ってみてしまいました。

2002-12-12

アホ顔

某携帯電話メーカーのカメラつき携帯で面白画像を取り込んで
遊んでいるコマーシャルがある。撮った画像が
加茂歯科の看板→カモシカってギャグになる寸法なんだが
そのリアクションをしている女の子の表情がいかにもアホ顔に見える。
そう見えるのは私だけだろうか?多分それなりのちゃんとした役を当てられれば
それなりに見られるタレントではあるのだろうけど、どうも昨今の風潮を当て込んで
軽い役を当てられた風だがそれが彼女をアホ顔にした・・・?。

2003-01-01

大雪

久々の大雪になっちゃいました。車が埋まって掘り出すのが大変
(ってのはちょっとオーバーで)夜の間に道路が凍ってアイスバーン状態になってる
街の中はどってことないけどトロトロ走るので奥の方から来る人は大変だわなぁ、 
こんな日がいつまで続くんだろ・・・・。

2003年01月30日 09時14分40秒

GODZILLA_in_NEWYORK

今日の報道はみごとに
ヤンキースゴジラ一色だなぁ
しっかし、こんだけぶち上げて
成果がイマイチだったらどうすんだろ?
ま、余計な心配かな・・・・

2003年01月15日 06時12分49秒

リアルどらえもん

2010年にはどらえもんのネコ型ロボットが誕生する。
米国のERSP(自立ナビゲーションセンシング技術)を導入して最終的には完璧な二足歩行もできるドラえもんになるそうだ。

2003年01月11日 15時46分03秒

110番の日

今日は110番の日だそうです
なんだ、そのまんまじゃねぇか・・・

2003年01月10日 11時09分07秒

アトム誕生の年

2003年はアトム誕生の年である。手塚治虫は自著の「鉄腕アトム」の中でアトムの誕生日を
なぜ2003年に設定したのか作者の亡くなった現在ではもう誰もそれをしることができない
このことに関連して僕が知っていることがあるとしたら 彼が生まれた年が西暦ではなく
日本の元号で昭和3年であるということくらいかな?
あ、そう、そう、それから10年後の昭和13年に石森章太郎が生まれてる。って事かな?。
しかしいざ2003年が訪れてみると手塚の描いていた21世紀初頭の世界と現実にわれわれの
迎えたそれとは大幅に違ったものになってしまったようだ。手塚さんがもし生きていたとしたら
おそらく苦笑してしまったろう………。科学は発展し宇宙には宇宙ステーションが建造されようとしてはいるが
まだまだ宇宙旅行が日常的なものになるのは先のことのようだし日本を始めとして世界の経済は
予想外に停滞した、
その日本では手塚さんが夢想した人間型の世界最高水準のロボットが現れてはいるがアトムのような
万能のロボットに至るまでにはまだまだ………。さらに数十年あるいはもう1世紀を要するかもしれないとおもわれる。
 そんな中で少なくとも一つだけは現実の方がマンガを追い越してしまったとおもえるものがある。
手塚は「鉄腕アトム」のなかのエピソードの一つで「幽霊製造機の巻」というのを著わしている。
それは手塚自身にしてもこんなに早く実現するとはおもってなかったとおもわれるふしがみてとれる・・・
そう、これはどうみても先ごろ誕生したと報じられたクローン人間そのものではないか。
しかし手塚はこれをアトム誕生よりもはるかに後のほうのエピソードとして設定しているし
おまけにヒラーという独裁者の命を受けた某国の科学者がその仕事を手伝わせようと日本のお茶ノ水博士を
拉致して来てその動物実験を見せるくだりがあるのだが、その実験装置に縛り付けられた
ニワトリや水槽の中を泳ぐサカナから生まれたクローン生命体は
いかにも不完全でけむのような実体の希薄な存在だったのだ・・・。
そしてその独裁者自身をを最初の実験台にした人体実験は機械が破壊され
総統の死とともにあっけない幕切れを迎えることになる。

2003年01月08日 22時24分42秒

明けましておめでとうございます。

新年の日記帳、正月は
食っちゃ寝の寝正月で
サボってしまったので
正式には今日(6日)から作成です。
今年はおみくじも大吉だったし
いい年になるといいなぁ。

2003年01月06日 10時01分11秒

私のホームページへ |
HeartLand-Suzuranのページへ |
メイン |
今すぐ登録
2004-03-01

ユウさんの日記帳

2003年の新日記帳(パロディ版)、正月は食っちゃ寝 の寝正月で
サボってしまったので 正式には今日(6日)から作成です。
この日記はネタに詰まったときにはしばしば某HPからのパロディネタになります。(笑)
そのHPは? ナイショ・・・・(見つけてくださいリンクの中に必ずあります。・・・
今年はおみくじも大吉だったし いい年になるといいなぁ
過去日記 |1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8|

久しぶりの記

 なんかここ書くの久々だなぁ・・・ 日記じゃなく年記ぐらいにはなってるかなぁ(笑)
あかん、編集しようにもHTML(HYPER TEXT MATTERIAL LANGUEGE)言語 忘れてるぅ・・・


2004年05月14日 18時51分31秒

ドキュメント

 今日、北朝鮮による拉致の問題を追った
元政治家の秘書と二人のジャーナリストの
三人の執念の物語をドキュメントタッチで
描いたドラマを見た。
拉致被害者の親たちの毅然とした態度を
思うにつけ、なるほどその陰にこの人たちの
功労が目に見えないところで家族たちの
大きな支えになっていたのかと納得した。
その反面この国はなんというなさけない国で
あるのかという思いをいまさらながら痛感した。
 われわれの国はあの将軍様の率いる国に
なんと軽く見られていたのかこれほどまでに
侮られてそれでも牛のようにのろのろとしか
動かないこの国は一体何なのだと。
あの東京都知事が、われわれ一般人より
はるかにボキャブラリーを多く持つはずの
作家でもある某氏が一瞬表現する言葉を
失うほどの・・・・。恐らく怒りのような
感情を確かにわれわれ大衆も共有している
のだ。
 もしこれがあのイラクを攻撃した一方の
旗頭の大統領を擁する国だったら
どうだろう?その言葉と行動の
善悪はともかく、恐らく力ずくでもあの
ウダイ、クサイのようにその首謀者である
金正日をぶち殺してでも白黒の決着を
つけたかもしれない。もちろん暴力で暴力の
連鎖を断つことはできない・・・。
しかしそれこそが国家にも個人にもある
誰にも犯されてはならない
主権あるいは人権というものではないのか。
しかるにこのことが、日本という国を
恐らく工業的にも、文化的にも、文学的にも
あるいはゲームやコミック等の
映像資源においても個人の力がこれほどの
人的資源をかかえているにもかかわらず
政府や国が何もサポートしないで
世界的な資産を埋没させて、しかも、
国全体がそのために沈没していく政治小国
ということ同根であるといわざるを得ない。
マンギョンボン号
マンギョンボン号
舌噛みそうだ・・・・
ボンキュッボン号・・・・
ムフフ・・・・あ~~
♂♂♂
2003年08月25日 06時16分59秒

亡命

北朝鮮からの脱北者に関してこれまでに再三、再四
繰り返して述べられる 政府高官のコメントでどうも腑に落ちないものがある。
報道などで亡命者が亡命先に明らかに日本を希望しているにも関わらず
勝手にことばや習慣の違いから韓国に亡命させるのが適当だなどと 述べているのだが
それはちょっと違うだろう・・・
例えば、アメリカに亡命希望の家族がいたとする。その家族に対して
アメリカ政府高官があなたとあなたの家族は言葉が不自由で
習慣の違いを乗り越えるのが困難だから
ペルーだとかブラジルあたりに亡命させるのが適当だろう
などといってるみたいなもので
、自分が期待を持って亡命先に選んだ 国の高官からそんな宣告をされた当事者が
その国を一体どう思うだろうか? 国の責任ある立場の人は言動に細心の注意を払うべきだ。
2003年08月01日 06時54分08秒
最新日本語辞典
阪神半疑(笑)
2003年07月22日 06時49分25秒

あーあ、やっちゃったよ………
少年の身に何が起こったのか、世間は法の前に検証さえ阻まれている。
何のための何を守るための法なのだろうか?
10代の少年の不安定な心の闇。ゲーム的酩酊状態とでもいうのだろうか
そういったものが存在するかどうかわからないが………。「あーあ、やっちゃったよ………」
誰でもゲームで敗れたときふとこういった感情にとらわれるに違いないが、
しかし次の瞬間に彼は何の傷を負うこともなく再び新たなステージでゲームにトライしている自分を
発見することになる。「あーあ、やっちゃった・・・ゲームオーバーになっちゃったよ」
「あーあ、やっちゃった………コース外れちゃったよ」「あーあ、やっちゃった………メカ、クラッシュしちゃったよ。」
「あーあ、やっちゃった………バス乗り遅れちゃったよ。」「あーあ、やっちゃった………ネコ殺しちゃったよ。」
「あーあ、やっちゃった………オヤジ、シメちゃったよ。」「あーあ、やっちゃった………」
「あーあ、やっちゃった………」「あーあ、やっちゃった………」
こうして数限りないステージを(成功しようが失敗しようが関係なしに)クリアしてきた少年が
ゲームのように単純でない現実の中でどのように適応したのかあるいは適応異常を起こしたのか………。
そんなことはだれも知ることができないだろう。
だからといって子供は何の問題もなくすくすくと成長しているといえるだろうか?
2003年07月14日 22時42分57秒

太古の海?
またデカいガタイのわりにはかって恐竜のように
小さな脳を持つといわれた前総理の言動が物議を
かもしている。あの「子供を生まない女性のために
税金を使うのはおかしい」発言だがまさにこの人にして
この発言ありで何も不思議はないけど、どうも
このセンセの生息している永田町というところは
速い潮流の渦巻く外海からは完全に隔絶された
ままとりのこされた太古の海のようなところかも
しれない・・と思えるがまたある時は廃案となって
完全に消えてしまったと思われる法案が時を経て
また体裁を整えて浮上してきて可決されたり
するところを見るとバミューダ海域のようなところか
はたまた死海のようにイラク新法などという以前なら
重すぎて簡単に沈んでしまうような法案も
あっという間にプカプカと浮かしてしまう力を持った
マジカルな力を持った湖かとも思ったりするが
ま、いずれにしても脳髄の異常に小さい太古の
魚竜が生息するのにふさわしい場所であること
だけは間違いのないトコだろう。

2003年07月05日 09時38分38秒

エディタ代わり
最近はうきうき家計簿の日記が大変重宝で
これまではシェアウエア秀丸エディタで編集していたけど
今はもっぱらこちらをエディタ代わりに使っています。

2003年06月23日 21時56分50秒

小泉を終身総理大臣にせよ。
わけのわからない政治のツケの穴埋め消費税増税なんて絶対ヤダ!!
石原さんも総理に手を上げそうにないし、このさい
小泉さんに死ぬまで総理大臣をやってもらうしかない(笑)
ダメ政治屋どもに手頃な財源さえ与えなければ無駄遣いを改めるほかないんで………
それだけでも政治改革になると思うけど………。

2003年06月18日 22時56分36秒

復興支援
バク君:イラク新法って何なの?
ダット教授:イラク戦後のイラク自衛隊
派遣して戦後復興の
ダット教授:貢献を行う為の必要な法整備じゃよ………。
バク君:じゃあ なんで野党は反対なの?
ダット教授:新法と言ったって憲法を変えるわけじゃない。
バク君:だったら何がいけないの

ダット教授:支援のために行くのであって戦闘をしに行くわけではない。

バク君:あ、わかった日本の憲法では攻撃されるまで

バク君:相手ををやっつけちゃいけないからだ。

ダット教授:そう、俄か作りの新法では自らの生命を守ることすら容易でない

ダット教授:現在のアメリカ軍は一度敵とみなした相手は批判は覚悟の上で
ダット教授:先制攻撃をかけて殲滅している。そうしないと
ダット教授:次の瞬間には味方の死体の山を見ることになる。
ダット教授:それでもまだ大量の死傷者を出している。
バク君:自衛隊はできないの?
ダット教授:憲法を変えない限りそれはできない。
バク君:じゃあ、むざむざ死にに行くようなもんだね・・・。でも自衛のためには
バク君:仕方ないんじゃないの?
ダット教授:軍隊ならね………。
バク君:自衛隊は軍隊じゃないの?
ダット教授:日本国内ではね、でも外国では軍隊とみなされている。
バク君:………。
ダット教授………。

2003年06月15日 00時00分43秒

扇風機
扇風機の羽根がかけてしまった。前の扇風機は羽根をはずして軸だけ回転させてモーターが焼け切れてしまった。羽根の分の負荷がかかっている状態を計算して設計されているため羽根を取った状態で回転させると負荷のない分高回転になりすぎて焼けてしまう。前の時は破損した羽根を取り除いた後テストの意味で電源を入れるという間抜けをやってしまった今回は学習しているので慎重にやった。今はエアコンの送風でしのいでいるが真夏でなくてよかった。

2003年06月14日 05時19分25秒

世論

世論というものが形成されることのない北朝鮮にあって 将軍様にとってはおそらく今日本でおこっている この現実というものがとても理解できないことなのだろう。 今回の強硬発言の背景は推測するに 日本でのこの世論の盛り上がりに接して過度の 適応異常を起こしはじめて恐怖と不安にかられているといったところか………
2003年06月12日 06時38分34秒

入梅
今日梅雨入りしたようだ、あ~またじめじめジトジトの季節のはじまりか。
2003年06月11日 21時45分27秒

エンゲル係数………
昨日から家計簿をつけている。したがって一度家計簿につけた日記をWEBにもアップしている。グラフなんかも1発で表示できる 楽しい家計簿だがこれで見るとわが家の家計はエンゲル係数高いんだろなぁ きっと………。
2003年06月10日 07時01分10秒

家計簿
今日うきうき家計簿をインストールしたのでここに日記を記入することにした。どうやら予定から何から全部記入できるようになってるようなので便利だ。あとはいつまで続くかが問題だな(笑)。
2003年06月09日 22時05分00秒

性善説
やはりというべき、この国の舵取りが迷走している感のある今日のRHDの報道である。こうなった以上は国民の一人としては国の大局においての舵取りを間違わないよう祈るほかないといえよう。国が金融機関救済のために公的資金を投入することの是非はもっと厳正に問われるべきだ思う。今回の場合やばい状況が背景にあったために正しい判断を下した監査法人のほうが消されたと見るべきであろう。だとすれば国の判断そのものに正統性はない。まさに泥棒に追い銭といったことにもなりかねない。性善説(公に携わるものが悪事を働くはずがない)に基づいて行政の行うことに間違いは起こらないということとどこか似ている気がする。
2003年06月04日 06時18分34秒

なんなんだよっ!!

 どうもこのところ国のうちでも外でも理不尽な物言いが多く、
またそれが大手をふるってまかり通ってしまいそうなのが
しゃくのタネである。総理大臣は先ごろ資本投入することが決まり
国有化することになったRHDという銀行をめぐってのぶらさがりで「破綻でもない金融危機というわけでもない………。」
などとあいかわらずノー天気なコメントなぞのたまわっておりますが
それではこの事態はいったい何なのだといいたい、
屋上屋とでもいうべき
公的資金という名の血税を無造作に注ぎ込んでおいて危機は乗り切ったといい、 それがある時を境に 再び危機だという。しかもさらに公的資金を投入するというのでは、これはもうどぶに捨てたも同然ではないか………。
 破綻を防ぐために税金すなわち国の金を使っておいてそれでいて国有化ではないのだという言い回しも聞き飽きたが
この間何の説明責任も果たされてはいないのだから・・・・。さらにそれに続いてお定まりの
ちっとも心のこもらない平身低頭ポーズ、しかもどうやらこれが既定路線でもあるようなのだから
恐れ入る。思えばあの経営陣の場馴れしたようないかにもさばさばしたふうな会見、危機を乗り切ったというのは
あるいはこの辺(破綻を免れ国有化にすべりこんだという)に本音があるのかも知れない。こうなってみるとこのたびのRHDとかシステム統合の不備でお騒がせのMHD、あちらでもこちらでも再編をきっかけに
よく言えばフレッシュ?な、悪く言えば・・・ってか普通に言えば旧財閥色を残したりかっては名門と目されたような重い名を冠した緊張感をともなう重い行名等々からライト感覚なさばけた行名へとこぞって移行したのもさては先で破綻もあるかもしれないと
覚悟した結果はじめた銀行群の集団的な準備行動でもあったのではないだろうかとついうがった見方をしてしまう。
 重い名前を冠したまま沈んでしまったのでは先達の名をけがすと殊勝な心がけがその裏にあったのだかどうだか………。
 それで一方国の外ではどうかといえば。この非常時だとゆーのにご自身の責任ある医師という立場も忘れて物見遊山の挙句に
接近遭遇した多数の日本人がSARSに感染したかもしれないという重大な恐怖の足跡を各地に残して去った台湾人医師と
それを何の問題もない行動だったと擁護する厚顔無恥な輩………。
目を転ずるとかの瀬戸際恫喝将軍さまの国、北○鮮では、自らの国が危ういというのに
一部の日本反動勢力とことわってはいるもののあるいは自らの国を救うことが出来るかもしれない国、
(ま、向こうではその辺のところが見えてないのかも知れないが………。)ボクちゃん反省してるのに拉致のことを言い募り過ぎる
とでもおもってるのかは知れないが。日本のことをののしることののしること、とんでもない将軍様のご意向で
毎日明け暮れているではありませんか………。
ハァ・・・、世も末ですね、ったく………。

2003年05月20日 01時17分00秒

ウンチクリーナー

あるグループにとっていいことはおうおうにして別のグループにとっても必ずしもいいことではない。
今日のテレビでもやってたけど、愛犬家の間で
どうやったらウンチをきれいに始末が出来るかって考えて
ペットボトルを切ってビニール袋と組み合わせてウンチクリーナーを作った。
しかし、これってよく考えてみるとペットボトルを管理しなくてはならない側の人から見ると
こういうことをする人が増えると
確実にペットボトルのリサイクルが阻害されていくわけで・・・・。
みんなにいいことってなかなかないわけです。

2003年04月17日 23時39分33秒

2004年05月14日 18時51分31秒

ここの書き方まだよくわからない(笑)

なんかここ書くの久々だなぁ・・・日記じゃなく年記ぐらいにはなってるかなぁ(笑)
あかん、編集しようにもHTML(HYPER TEXT MATTERIAL LANGUEGE)言語忘れてるぅ・・・
プリンセス・メグ/カナガンバレ!!
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/5382/geodiary.html
なんでもここに書くと勝手に注釈がついてリンクる。
これがおもしろい、自分の好きな注釈もつけられるようだ。
後から編集もできる。画像もアップロードできる。
たとえば今、やってる番組は・・・と、
キャプチャーして・・・と(右上のショット)
おおっ、・・・何でもできるんだ(笑)ここわ
これだけでじゅうぶんだなぁ。

流行

全米で今、大流行だってよ、コレ ま、イロイロとやってみまショ・・・。

対韓国戦
編集
ワオ!流れは日本14:7(対韓国戦)

2004-05-16 日曜日
年金問題

 今、国民を置き去りにした年金問題がとりわけ議員の未納問題だけ拡大されて論議され非常に矮小化されようとしている感がある。(もっともこれだって今の制度では税金が投入されて保護されている2階建で議員年金がもらえる国会議員にとって国民年金などもらえなくたって関係ないので関心などないのが当然でありうがった見方をすればそんな無駄金は払わないほうが節税ならぬ節年金になるぐらいのものだという捉え方だってできる制度上の大欠陥でもあるのだが………)自民党の議員がうっかりだということに重点を置いて弁明に努めているのはからくりがある。そっちに持っていけば問題がより矮小化されて幕引きが簡単だからだろう。これは与党の常套手段だといえる。より大きい問題があるのに関連の小さい問題に議論をすりかえて一部の議員に詰め腹を切らせて逃げ切るあの手法である。今日の某局のワイドショー番組「Sプロジェクト」では政府の高官がこれまでの年金政策はあやまりであるがそれを一からやり直していたのでは国会の議論が長引き税金が無駄に使われるのでとりあえず三党合意で法案を可決してからじっくりと改革を進めていくのだというのだがその中で、野党の議員からの追及を受けこれに対して、これまでの年金政策は間違いであることを認めた上で今の状態が真っ白なキャンバスに新たな政策を打ち立てていくのであれば問題ないのだがこれまでメチャクチャな絵の具でメチャクチャな絵が描かれているのだから。それをきれいな絵にするのは不可能なのでその絵の上からメチャクチャな絵でも描き続けながら少しづつにきれいな絵に仕上げていくのだ」というような事を言っていたが。これはまったくばかげた話である。現実的な話をすればそんなメチャクチャな絵を何十年も描き続けたような絵描きに今から絵がうまく書けるようになる見込みはなく即刻首にして早急に新しい描き手を探して欠かせるのが筋であろう。つまりその絵描きとは誰あろう社会保険庁であり。そこに国民は年金だけでなく
無駄な血税を注ぎ続けているのだこっちをとめるのが先決だろうが………。小泉さんはぶっ壊す先を間違えているのだ。この場合年金なんかに何の知識も持たない国会議員自民党議員なんかより知ってて私利私欲のためにメチャクチャをやっている社会保険庁の方をぶっ壊すべきなのだ。違うか?

2004-05-21 仕事

業務開始09:00

瞳をとじて

2004-05-27

見直し

 今年も前半があと1ヶ月になったので、予定をもう一度見直して行こう。

ゲンマン

 ゆびきりげんまん嘘ついたら・・・のげんまんは一万回叩くの意味だそうだ。うそをつくと一万回叩かれたうえに針を千本飲まされる。

薬箱

 健康保険組合から支給されている救急箱の中身を詰め替えた。せっかく支給されても使わないまっさらのモノが多い、もったいないけどそれだけ健康ということか・・・

2004-05-30
大雨

朝、会社へ行こうと思ったら 大雨だった。
おまけに会社に行く道すがらはラッシュの抜け道に当たる部分が
多いので 追い抜いてゆく車が容赦なく水をはねていくので
膝から下はずぶぬれになってしまった。

 

なんでもここに書くと勝手に注釈がついてリンクる。
これがおもしろい、自分の好きな注釈もつけられるようだ。
後から編集もできる。画像もアップロードできる。
たとえば今、やってる番組は・・・と、
キャプチャーして・・・と(右上のショット)
おおっ、・・・何でもできるんだ(笑)ここわ
これだけでじゅうぶんだなぁ。

2004-05-31

2004/06/05 13:17

それじゃあまた食べに行きましょう小梅。
小梅

今日小梅を買って塩漬けにした。一週間ぐらい前にラッキョも漬けたので
上手くいくと、今年は血液サラサラよ。 出来たら言うから取りにきて
なんて、まだ一ヶ月先のこと