読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この本に関しての後日談



どこにも無いと思われていた美本が「まんだらけ」に掲載されていてしかもそれが¥50.000の値がついていた。藤子不二雄の「ユリシーズ」が付録本にもかかわらず。¥100.000を付けているのにちゃんとした装丁の単行本であるこの本がその半分の価値というのは到底解せないがま、現実はそういう事なのだ。鑑定する人や組織によってそれだけ違うと言うことだろうがもしかすると時代は藤子不二雄は識っていても手塚治虫は識らないという世代の台頭がその価値に影響を及ぼし始めるところまで来ているとみるほかは無いのかも。