北区奉還町のラーメン店「浅月」

お向かいの冨士屋とともに昭和二十三年創業という老舗ラーメン店。大政奉還の時職を失った士族達が奉還金、つまり退職金を元手に商売を始めたのが町名の由来という奉還町で戦後ほどないころ、それまで醤油味のあっさりしたスープが主流だったラーメンをさまざまなあじの合わさった白く濁ったトンコツを加え満腹感の出る独自の味に仕立て揚げ自家製麺と合わせて出したのが始まりという。以来今や自他共に認める岡山のご当地ラーメンの元祖ともいわれる存在。