アブオヤジ

M党はやると言ってた事、野党時代には先頭に立って説いていたムダの削減を何一つやってへんやん。そのくせやる前には解散するといってた消費税だけはなにがなんでもとさくさに紛れて上げるという戦術に転じてそのことにだけは不退転で臨むやて、なにを寝呆けた事を・・・・消費税上げったってどうせ5%ぽっち上げたところでおっつかないことは自明の理なのにその事は隠しておいてその後に必要な大増税の端緒を開くことにやっきなっているようにみえる。それをやるにはさらなるムダの削減とデフレからの脱却が不可欠でしょう。恐らくその展望すら示せない自分では到底役者が一枚足りないのを自覚した上の行動なのでしょうが、そのために迎合して擦り寄るマスコミを糾合し利用して国民を引っ掛けようとしているペテン師内閣の上にあぶないオッサン(問答無用の鉄砲玉)内閣となろうとしている。あぶないオッサンとは無防備を装って近付き相手が油断しているところにズバッと斬り付けて絶命させるオッサンの事でこんなあぶないオッサンに 日本の舵取りと命運をまかせたのは一体だれやねん。あんたの上げないって言ってる消費税は一度上げるって宣言したらその時点で上げたも同然なの、そんなの常識でしょ、そういうのを二枚舌っていうのしってた?