政治主導ではなく政治暴走          

J党の幹部が最大野党として初めて意味のある発言をして存在感を強めている。確かに彼の言うように今のK政権は誰とも議論も相談もないままに、いや、出来ないままに日本の将来を大きく左右する政策に唐突に踏み込もうとしている。これは彼も指摘するようにもはや政治主導などというレベルではなく政治暴走である。
発言の軽さとともに正当性というか国民の将来をふまえた政策などは視野にも入ってないばかりか、こんなやる気の無い総理が自己の延命のためやその場を取り繕うためにこれ以上いろんな手を打たれたのでは被災地の人々や国民はたまらない。スキームとしては他に選択肢が無いので、かかる重大時局にあまり言いたくも無いのだが....。倒閣?.....かな。問題は誰がそれを実行するかだが...。