ユウさんの日記帳







2003年の新日記帳(パロディ版)、正月は食っちゃ寝
の寝正月で
サボってしまったので
正式には今日(6日)から作成です。
この日記はネタに詰まったときにはしばしば某HPからのパロディネタになります。(笑)
そのHPは? ナイショ・・・・(見つけてくださいリンクの中に必ずあります。・・・
今年はおみくじも大吉だったし
いい年になるといいなぁ

過去日記 ||
|
|
|
|
|
|
|






久しぶりの記



なんかここ書くの久々だなぁ・・・
日記じゃなく年記ぐらいにはなってるかなぁ(笑)

あかん、編集しようにもHTML(HYPER TEXT MATTERIAL LANGUEGE)言語
忘れてるぅ・・・





2004年05月14日 18時51分31秒



ドキュメント



`今日、北朝鮮による拉致の問題を追った


元政治家の秘書と二人のジャーナリストの


三人の執念の物語をドキュメントタッチで


描いたドラマを見た。


拉致被害者の親たちの毅然とした態度を


思うにつけ、なるほどその陰にこの人たちの


功労が目に見えないところで家族たちの


大きな支えになっていたのかと納得した。


その反面この国はなんというなさけない国で


あるのかという思いをいまさらながら痛感した。


われわれの国はあの将軍様の率いる国に


なんと軽く見られていたのかこれほどまでに


侮られてそれでも牛のようにのろのろとしか


動かないこの国は一体何なのだと。


あの東京都知事が、われわれ一般人より


はるかにボキャブラリーを多く持つはずの


作家でもある某氏が一瞬表現する言葉を


失うほどの・・・・。恐らく怒りのような


感情を確かにわれわれ大衆も共有している


のだ。


もしこれがあのイラクを攻撃した一方の


旗頭の大統領を擁する国だったら


どうだろう?その言葉と行動の


善悪はともかく、恐らく力ずくでもあの


ウダイ、クサイのようにその首謀者である


金正日をぶち殺してでも白黒の決着を


つけたかもしれない。もちろん暴力で暴力の

連鎖を断つことはできない・・・。


しかしそれこそが国家にも個人にもある


誰にも犯されてはならない


主権あるいは人権というものではないのか。

しかるにこのことが、日本という国を


恐らく工業的にも、文化的にも、文学的にも

あるいはゲームやコミック等の


映像資源においても個人の力がこれほどの

人的資源をかかえているにもかかわらず


政府や国が何もサポートしないで


世界的な資産を埋没させて、しかも、


国全体がそのために沈没していく政治小国


ということ同根であるといわざるを得ない。




2003年09月13日 00時44分39秒




マンギョンボン号



マンギョンボン号


舌噛みそうだ・・・・


ボンキュッボン号・・・・


ムフフ・・・・あ〜〜


♂♂♂




2003年08月25日 06時16分59秒




亡命




北朝鮮からの脱北者に関してこれまでに再三、再四

繰り返して述べられる
政府高官のコメントでどうも腑に落ちないものがある。


報道などで亡命者が亡命先に明らかに日本を希望しているにも関わらず


勝手にことばや習慣の違いから韓国に亡命させるのが適当だなどと
述べているのだが

それはちょっと違うだろう・・・


例えば、アメリカに亡命希望の家族がいたとする。その家族に対して


アメリカ政府高官があなたとあなたの家族は言葉が不自由で


習慣の違いを乗り越えるのが困難だから


ペルーだとかブラジルあたりに亡命させるのが適当だろう


などといってるみたいなもので

、自分が期待を持って亡命先に選んだ
国の高官からそんな宣告をされた当事者が

その国を一体どう思うだろうか?
国の責任ある立場の人は言動に細心の注意を払うべきだ。




2003年08月01日 06時54分08秒




最新日本語辞典



阪神半疑(笑)




2003年07月22日 06時49分25秒



あーあ、やっちゃったよ・・・



少年の身に何が起こったのか、世間は法の前に検証さえ阻まれている。
何のための何を守るための法なのだろうか?
10代の少年の不安定な心の闇。ゲーム的酩酊状態とでもいうのだろうか
そういったものが存在するかどうかわからないが・・・。「あーあ、やっちゃったよ・・・」
誰でもゲームで敗れたときふとこういった感情にとらわれるに違いないが、
しかし次の瞬間に彼は何の傷を負うこともなく再び新たなステージでゲームにトライしている自分を
発見することになる。「あーあ、やっちゃった・・・ゲームオーバーになっちゃったよ」
「あーあ、やっちゃった・・・コース外れちゃったよ」「あーあ、やっちゃった・・・メカ、クラッシュしちゃったよ。」
「あーあ、やっちゃった・・・バス乗り遅れちゃったよ。」「あーあ、やっちゃった・・・ネコ殺しちゃったよ。」
「あーあ、やっちゃった・・・オヤジ、シメちゃったよ。」「あーあ、やっちゃった・・・」
「あーあ、やっちゃった・・・」「あーあ、やっちゃった・・・」

こうして数限りないステージを(成功しようが失敗しようが関係なしに)クリアしてきた少年が
ゲームのように単純でない現実の中でどのように適応したのかあるいは適応異常を起こしたのか・・・。

そんなことはだれも知ることができないだろう。
だからといって子供は何の問題もなくすくすくと成長しているといえるだろうか?




2003年07月14日 22時42分57秒




太古の海?



またデカいガタイのわりにはかって恐竜のように


小さな脳を持つといわれた前総理の言動が物議を


かもしている。あの「子供を生まない女性のために


税金を使うのはおかしい」発言だがまさにこの人にして

この発言ありで何も不思議はないけど、どうも


このセンセの生息している永田町というところは


速い潮流の渦巻く外海からは完全に隔絶された


ままとりのこされた太古の海のようなところかも


しれない・・と思えるがまたある時は廃案となって


完全に消えてしまったと思われる法案が時を経て


また体裁を整えて浮上してきて可決されたり


するところを見るとバミューダ海域のようなところか


はたまた死海のようにイラク新法などという以前なら

重すぎて簡単に沈んでしまうような法案も


あっという間にプカプカと浮かしてしまう力を持った

マジカルな力を持った湖かとも思ったりするが


ま、いずれにしても脳髄の異常に小さい太古の


魚竜が生息するのにふさわしい場所であること


だけは間違いのないトコだろう。





2003年07月05日 09時38分38秒




エディタ代わり



最近はうきうき家計簿の日記が大変重宝で
これまではシェアウエア秀丸エディタで編集していたけど
今はもっぱらこちらをエディタ代わりに使っています。




2003年06月23日 21時56分50秒




小泉を終身総理大臣にせよ。



わけのわからない政治のツケの穴埋め消費税増税なんて絶対ヤダ!!


石原さんも総理に手を上げそうにないし、このさい

小泉さんに死ぬまで総理大臣をやってもらうしかない(笑)


ダメ政治屋どもに手頃な財源さえ与えなければ無駄遣いを改めるほかないんで・・・

それだけでも政治改革になると思うけど・・・。





2003年06月18日 22時56分36秒




復興支援



バク君:イラク新法って何なの?

ダット教授:イラク戦後のイラク自衛隊

派遣して戦後復興の

ダット教授:貢献を行う為の必要な法整備じゃよ・・・。

バク君:じゃあ なんで野党は反対なの?

ダット教授:新法と言ったって憲法を変えるわけじゃない。

バク君:だったら何がいけないの


ダット教授:支援のために行くのであって戦闘をしに行くわけではない。


バク君:あ、わかった日本の憲法では攻撃されるまで


バク君:相手ををやっつけちゃいけないからだ。


ダット教授:そう、俄か作りの新法では自らの生命を守ることすら容易でない


ダット教授:現在のアメリカ軍は一度敵とみなした相手は批判は覚悟の上で

ダット教授:先制攻撃をかけて殲滅している。そうしないと


ダット教授:次の瞬間には味方の死体の山を見ることになる。

ダット教授:それでもまだ大量の死傷者を出している。

バク君:自衛隊はできないの?

ダット教授:憲法を変えない限りそれはできない。

バク君:じゃあ、むざむざ死にに行くようなもんだね・・・。でも自衛のためには


バク君:仕方ないんじゃないの?

ダット教授:軍隊ならね・・・。

バク君:自衛隊は軍隊じゃないの?

ダット教授:日本国内ではね、でも外国では軍隊とみなされている。


バク君:・・・・・・・・・・。

ダット教授・・・・・・・・・・・。





2003年06月15日 00時00分43秒






扇風機



扇風機の羽根がかけてしまった。前の扇風機は羽根をはずして軸だけ回転させてモーターが焼け切れてしまった。羽根の分の負荷がかかっている状態を計算して設計されているため羽根を取った状態で回転させると負荷のない分高回転になりすぎて焼けてしまう。前の時は破損した羽根を取り除いた後テストの意味で電源を入れるという間抜けをやってしまった今回は学習しているので慎重にやった。今はエアコンの送風でしのいでいるが真夏でなくてよかった。




2003年06月14日 05時19分25秒




世論



世論というものが形成されることのない北朝鮮にあって
将軍様にとってはおそらく今日本でおこっている
この現実というものがとても理解できないことなのだろう。
今回の強硬発言の背景は推測するに
日本でのこの世論の盛り上がりに接して過度の
適応異常を起こしはじめて恐怖と不安にかられているといったところか・・・




2003年06月12日 06時38分34秒



入梅



今日梅雨入りしたようだ、あ〜またじめじめジトジトの季節のはじまりか。




2003年06月11日 21時45分27秒




エンゲル係数・・・・



昨日から家計簿をつけている。したがって一度家計簿につけた日記をWEBにもアップしている。グラフなんかも1発で表示できる
楽しい家計簿だがこれで見るとわが家の家計はエンゲル係数高いんだろなぁ
きっと・・。




2003年06月10日 07時01分10秒




家計簿



今日うきうき家計簿をインストールしたのでここに日記を記入することにした。どうやら予定から何から全部記入できるようになってるようなので便利だ。あとはいつまで続くかが問題だな(笑)。




2003年06月09日 22時05分00秒



性善説



やはりというべき、この国の舵取りが迷走している感のある今日のRHDの報道である。こうなった以上は国民の一人としては国の大局においての舵取りを間違わないよう祈るほかないといえよう。国が金融機関救済のために公的資金を投入することの是非はもっと厳正に問われるべきだ思う。今回の場合やばい状況が背景にあったために正しい判断を下した監査法人のほうが消されたと見るべきであろう。だとすれば国の判断そのものに正統性はない。まさに泥棒に追い銭といったことにもなりかねない。性善説(公に携わるものが悪事を働くはずがない)に基づいて行政の行うことに間違いは起こらないということとどこか似ている気がする。




2003年06月04日 06時18分34秒




なんなんだよっ!!



どうもこのところ国のうちでも外でも理不尽な物言いが多く、

またそれが大手をふるってまかり通ってしまいそうなのが

しゃくのタネである。総理大臣は先ごろ資本投入することが決まり

国有化することになったRHDという銀行をめぐってのぶらさがりで「破綻でもない金融危機というわけでもない・・・・。」

などとあいかわらずノー天気なコメントなぞのたまわっておりますが

それではこの事態はいったい何なのだといいたい、

屋上屋とでもいうべき

公的資金という名の血税を無造作に注ぎ込んでおいて危機は乗り切ったといい、
それがある時を境に 再び危機だという。しかもさらに公的資金を投入するというのでは、これはもうどぶに捨てたも同然ではないか・・・。

破綻を防ぐために税金すなわち国の金を使っておいてそれでいて国有化ではないのだという言い回しも聞き飽きたが

この間何の説明責任も果たされてはいないのだから・・・・。さらにそれに続いてお定まりの

ちっとも心のこもらない平身低頭ポーズ、しかもどうやらこれが既定路線でもあるようなのだから

恐れ入る。思えばあの経営陣の場馴れしたようないかにもさばさばしたふうな会見、危機を乗り切ったというのは

あるいはこの辺(破綻を免れ国有化にすべりこんだという)に本音があるのかも知れない。こうなってみると

このたびのRHDとかシステム統合の不備でお騒がせのMHD、あちらでもこちらでも再編をきっかけに

よく言えばフレッシュ?な、悪く言えば・・・ってか普通に言えば旧財閥色を残したりかっては名門と目されたような重い名を冠した

緊張感をともなう重い行名等々からライト感覚なさばけた行名へとこぞって移行したのもさては先で破綻もあるかもしれないと

覚悟した結果はじめた銀行群の集団的な準備行動でもあったのではないだろうかとついうがった見方をしてしまう。

重い名前を冠したまま沈んでしまったのでは先達の名をけがすと殊勝な心がけがその裏にあったのだかどうだか・・・。


それで一方国の外ではどうかといえば。この非常時だとゆーのにご自身の責任ある医師という立場も忘れて物見遊山の挙句に

接近遭遇した多数の日本人がSARSに感染したかもしれないという重大な恐怖の足跡を各地に残して去った台湾人医師と

それを何の問題もない行動だったと擁護する厚顔無恥な輩・・・・。


目を転ずるとかの瀬戸際恫喝将軍さまの国、北○鮮では、自らの国が危ういというのに

一部の日本反動勢力とことわってはいるもののあるいは自らの国を救うことが出来るかもしれない国、

(ま、向こうではその辺のところが見えてないのかも知れないが・・・・・。)ボクちゃん反省してるのに拉致のことを言い募り過ぎる

とでもおもってるのかは知れないが。日本のことをののしることののしること、とんでもない将軍様のご意向で

毎日明け暮れているではありませんか・・・・。

ハァ・・・、世も末ですね、ったく・・・・。




2003年05月20日 01時17分00秒




ウンチクリーナー



あるグループにとっていいことはおうおうにして別のグループにとっても必ずしもいいことではない。

今日のテレビでもやってたけど、愛犬家の間で

どうやったらウンチをきれいに始末が出来るかって考えて

ペットボトルを切ってビニール袋と組み合わせてウンチクリーナーを作った。

しかし、これってよく考えてみるとペットボトルを管理しなくてはならない側の人から見ると

こういうことをする人が増えると

確実にペットボトルのリサイクルが阻害されていくわけで・・・・。

みんなにいいことってなかなかないわけです。


2003年04月17日 23時39分33秒





居楽苦戦争



ばく君:    やっぱり出てきてるみたいですね戦争特需


ダット教授: 戦時に不要不急のものを買わない、どうせ買うなら身の安全を確保するものに関心が集まるのは理の当然


ばく君:    でも、戦争してないところでそんなもの必要ないでしょう。


ダット教授: 誰でも戦争するひとより安全なところに身をおいて観てるほうがいいにきまっとる戦争かウチなんちて


ダット教授: しかし、戦争のほうで出前にきたら、身を守るものをいっぱい揃えておくしかない・・・。


ばく君:    世界中で戦争ショー観戦してるみたいな

 
ダット教授: まぁ そういうこと劇場型戦争じゃよ。


ばく君: これまでアメリカを始めとして世界中でかず限りなくスクリーンのなかでの
さまざまなバイオレンスが描かれ続けそれにくわえてあらゆるメディアでの暴力的な描写が世界中の人々の頭脳にインプットされ続けてきたものが9.11以後現実の映像のほうがフィクションの映像を凌駕しましたね。


ダット教授: そのとおりじゃよ、フィクションを現実が模倣し続けてついにそれを追い越してしまった。大変な時代になったものじゃよ。


ダット教授: 世界中の人々がみんな軍事オタクになってしまった。それもこれまでは戦況を一部の知ったかぶりがメディアを通じて一方的にまくし立て、受取る側はつねに受身というのではなくインターネットで評論も双方向になっとる。しかも一部の兵士なんぞはそれで戦闘日記を送信しておるものもいるという。まさに現実がフィクションを模倣した劇場型戦争じゃよ。




2003年03月31日 07時34分25秒




続・悪魔の歯車



う〜む、ブッシュが誤った選挙手続きによって大統領に選出されてしまった時から、私が「悪魔の歯車」と題して書いてきた事柄がすべてあたってしまった。まさに世界は日本は最悪のシナリオを辿りつつある。首都バグダッド空爆され攻め込まれるイラク好意的なメッセージを送る北朝鮮、ここまでは完璧に空想を現実がチェースしてきた。「この後拉致被害者はおろか日本全体が人質に取られるかアメリカ本土をテポドンが襲うかはまったくわからない」とも書いたが
この荒唐無稽とも思われた事がらのすべて
これほどまでも現実味を帯びてくるとは・・・
「それでもアメリカは一発戦争を起こせば
軍需産業死の商人どもは潤う・・・一発逆転で経済が回復してあるいは死の淵から這い上がることが出来るかもしれない。しかし日本にとってはこの10何年来てこでも動かない底なしのデフレスパイラルに加えてのこの重大局面だ、簡単に脱出の糸口が見つかるとも思えない。それでも希望を捨てないで一縷の望みを歯を食いしばって耐えしのべばその先には幽かに特需景気というのはいささか不遜であるかも知れないが、つまり世紀末から21世紀初頭の今、9.11以後アメリカが始めて直面している勝利のためには正義の仮面もかなぐり捨てての先制攻撃も辞さない対テロ戦争の泥沼、そして恐ろしい核テロの恐怖とその結末、それに伴う戦後処理、いずれも半世紀も前に日本に起こったことのその始まりと終わりを体験した日本こそが国連を中心とした復興には欠かせない指導的な役割を果たすことが出来るのではないかとの世界の認識が生まれる可能性があるかもしれない そのとき生き延びていればのことではあるが・・・果たして現実はどうなるのか?・・・・




2003年03月26日 22時07分10秒




テレ宣



テレビ宣言でマンションでペットを飼う
話題の時

若い女性キャスターが「私のマンションではペットのサイズまで定めてありますよ
タテが何センチヨコが何センチって」と言っていたのを聞いて

思わずふきだしてしまった。

言い方がおかしすぎますって。

しっかしそれよりでかくなったらどうすんだよ・・・ったく




2003年03月13日 03時27分32秒




リュック・ベッソン



今日は、テレビでリュックベッソン監督作品の特集をやってたんでずっと見入ってしまった。
ヒロスエ出演のワサビ それにニキータ レオンどれもぐっと来るサスペンスだった。
やっぱりフランス映画はいい!!




2003年02月11日 23時12分15秒




悪魔のシナリオ



以前私はクリントンが敗れてブッシュ大統領が誕生したときに、
悪魔の歯車が回り始めたと表現したことが

あるが それは今現実の物となって私たちの頭の上に存在する。

イラクと北(北朝鮮)の同盟関係はあるのかどうか
これまでは公式の場で語られたことはないが、

アメリカがイラク攻撃に踏み切って空爆が行われるようになると
北は間違いなくこれ(同盟関係)を
表明するとおもう。

敵(アメリカ)の敵は味方ということだ。

フセイン金正日がうまがあうかどうかは別として必ずこのカードは切られるとおもう

つまりここに大義が生じるわけだ。

その時点で拉致問題論議に明け暮れている日本は拉致被害者どころか国民全員が
人質にとられることになる。

現時点ではアメリカは二正面作戦を強いられることを恐れているが
これで有無を言わせずそれ(二正面作戦)に

踏み切らざるをえない環境におかれる。

ここまでのシナリオは金正日の頭の中に描かれている。
その先でどういう行動に出るのか日本が威嚇攻撃されるのか

アメリカにテポドンが飛んでいくのかはまったく予測できない。




2003年02月06日 10時15分46秒



独(毒)をもって独(毒)を制する



どうも最近は、イラク北朝鮮の話題ばっかだし、やれ株価が下がっただの不良債権処理ががどうだの

失業率がどうのと暗い話ばっかでどうも時計が10何年逆戻りしたような錯覚に陥ることが多いよな

コルゲンじゃないけど寒いし・・・・(懐も)まぁ、冬なんだからあたりまえか

何かをしようとしても一向に長続きがしない・・・・って、そうやって自分の集中力の不足や

努力不足をすぐ世の中のせいにしようとする・・・。しっかし、その世の中もいつのまにか独裁者といわれる人間がこんなにあっちでもこっちでも高い地位に君臨している時代は第2次大戦中以来のことか・・・

金正日サダム・フセインそれにブッシュも みな非常にはっきりした形の独裁者だとおもう、

ブッシュなんか独裁者の世襲だしそれにロシアや韓国その他の国に採用された大統領という地位は

ある意味政情不安のある国家が政治経済の安定するまでの一定期間暫定的に人民によって独裁者であることを許されているような存在でもあるし。気がついてみると世界中でこの不安定な期間を乗り切るためにトップを独裁的な人物または政権ににすげ替えて乗り切っているようなそんな中で日本だけがその大統領制の創始者のアメリカと同じように民主主義をお題目にして(本当はちっとも民主主義じゃないのに・・・)

一方他の国のように軍備を公然と持つことも許されていないから経済を守るためには世界の財布になるしか生き残る道はないと・・、非常に憤懣やるかたない状況になっているわけでその日本だって小泉さん独裁者だって言われてるし・・・。

小泉さんのあの高い支持率っていうのも裏を返せば先の見えない閉塞感を敏感に反映した大衆の独裁者待望論だといえるかもしれない。まぁ、独裁者ったって小粒で独(毒)をもって独(毒)を制するというにはあまりにもささやかな抵抗に見えるけどな。やっぱり日本では独裁的人物(ここでは肯定的な意味での)といえる真打は(都庁の)あの人かな・・・・。




2003年02月01日 11時15分50秒




大雪



久々の大雪になっちゃいました。車が埋まって織り出すのが大変

(ってのはちょっとオーバーで)夜の間に道路が凍ってアイスバーン状態になってる

街の中はどってことないけどトロトロ走るので奥の方から来る人は大変だわなぁ、 

こんな日がいつまで続くんだろ・・・・。




2003年01月30日 09時14分40秒




GODZILLA_in_NEWYORK



今日の報道はみごとに
ヤンキースゴジラ一色だなぁ

しっかし、こんだけぶち上げて

成果がイマイチだったらどうすんだろ?

ま、余計な心配かな・・・・




2003年01月15日 06時12分49秒



リアルどらえもん



2010年にはどらえもんのネコ型ロボットが誕生する。

米国のERSP(自立ナビゲーションセンシング技術)を導入して最終的には完璧な二足歩行もできるドラえもんになるそうだ。




2003年01月11日 15時46分03秒




110番の日



今日は110番の日だそうです

なんだ、そのまんまじゃねぇか・・・




2003年01月10日 11時09分07秒




アトム誕生の年



2003年はアトム誕生の年である。手塚治虫は自著の「鉄腕アトム」の中でアトムの誕生日を
なぜ2003年に設定したのか作者の亡くなった現在ではもう誰もそれをしることができないだろう。
しかしいざ2003年が訪れてみると手塚の描いていた21世紀初頭の世界と現実にわれわれの
迎えたそれとは大幅に違ったものになってしまったようだ。手塚さんがもし生きていたとしたら
おそらく苦笑してしまったろう・・・。科学は発展し宇宙には宇宙ステーションが建造されようとしてはいるが
まだまだ宇宙旅行が日常的なものになるのは先のことのようだし日本を始めとして世界の経済は予想外に停滞した、
その日本では手塚さんが夢想した人間型の世界最高水準のロボットが現れてはいるがアトムのような
万能のロボットに至るまでにはまだまだ・・さらに数十年あるいはもう1世紀を要するかもしれないとおもわれる。
そんな中で少なくとも一つだけは現実の方がマンガを追い越してしまったとおもえるものがある。
手塚は「鉄腕アトム」のなかのエピソードの一つで「幽霊製造機の巻」というのを著わしている。
それは手塚自身にしてもこんなに早く実現するとはおもってなかったとおもわれるふしがみてとれる・・・
そう、これはどうみても先ごろ誕生したと報じられたクローン人間そのものではないか。
しかし手塚はこれをアトム誕生よりもはるかに後のほうのエピソードとして設定しているし
おまけにヒラーという独裁者の命を受けた某国の科学者がその仕事を手伝わせようと日本のお茶ノ水博士を
拉致して来てその動物実験を見せるくだりがあるのだが、その実験装置に縛り付けられた
ニワトリや水槽の中を泳ぐサカナから生まれたクローン生命体はいかにも不完全でけむのような実体の希薄な存在だったのだ・・・。
そしてその独裁者自身をを最初の実験台にした人体実験は機械が破壊され総統の死とともにあっけない幕切れを迎えることになる。




2003年01月08日 22時24分42秒

<


明けましておめでとうございます。



新年の日記帳、正月は

食っちゃ寝の寝正月で

サボってしまったので

正式には今日(6日)から作成です。

今年はおみくじも大吉だったし

いい年になるといいなぁ。




2003年01月06日 10時01分11秒


私のホームページへ |
HeartLand-Suzuranのページへ |
メイン |
今すぐ登録